耳の障害と障害等級-要領については以下のとおり規定されています。 以下「  」が規定です。 *労基則・労災則等 「 準  用 鼓膜の外傷性穿孔及びそれによる耳漏は、手術的処置により治ゆを図り、そののちに聴力障害が残れば、その障害の程度に応じて等級を認定することとなるが、この場合、聴力障害が障害等級に該当しない程度のものであっても、常時耳漏があるものは第12級を、その他のものについては、第14級を準用すること。 また、外傷による外耳道の高度の狭さくで耳漏を伴わないものについては、第14級を準用すること。」