交通事故によって負う障害に口部の咀嚼(そしゃく)障害があります。 咀嚼とは、食べ物を咬筋(こうきん)や下顎(動くのは下顎です。)、舌などが連動してして、さらに歯で噛み砕くことによって粉々になります。 この粉々になった食べ物が唾液と混ざり合って、ゴクンと飲み込みます。 この咀嚼は、咬筋や下顎の筋運動だけではなく、舌がこれにリンクし、さらに自分の舌を噛んだりしないように絶妙なタイミングで歯が連動します。