自転車対自転車の交通事故

1.自転車対自転車の交通事故が増加しています。

自転車対人間、自転車対自転車の交通事故が増加しています。

この自転車の交通事故の増加により、被害者が被った後遺障害の発生も増加しております。

自転車はペダルをこぐことにより前進しますが、路上に凸凹があったり、速度が安定して いなかったりすると、一挙に不安定な乗り物となります。

また、手軽で便利な乗り物であるがゆえに、外部からの衝撃から身を守るための障壁がありません。

そのために、一度自動車や人間等と衝突すると大きな交通事故に直結します。

特に最近の自転車は高性能でスピードも速く、衝突した際の自転車事故による損害は大きくなってきています。

2.自転車の交通事故により被害者になる場合

自転車対自転車の交通事故の際に困るのが、大多数の自転車の所有者が相手の方に対し保険を使用できないということです。

実は、自転車事故の際の被害者には深刻な課題があります。

それは、自転車事故の被害者に対する損害賠償問題です。

バイク・自動車のケースでは自賠責保険あるいは任意保険が使用できますが、自転車事故の場合には、それらに相当する保険が無いのです。

現状では「人身傷害保険」の他に、損保会社で発売されている「個人賠償損害保険」が使用できるケースが多くあります。

また、自転車の交通事故に特化した保険も発売されています。

転ばぬ先の杖ですので、確認のうえ加入されることを、おすすめします。

自転車の交通事故発生に伴う、交通事故証明書の発行

自転車の交通事故は、小さな事故であっても、警察に届け出をすることが大切です。

また、後日、『交通事故証明書』を取り付けるためにも、上記の届け出が大切です。

軽い傷害であっても、必ず医師の診断を受けることが必要です。

(1)相手(加害者)を十分に確認する。

相手の名前、住所、連絡先、勤務先、自転車の登録ナンバーをメモしておく。

相手の運転免許証などの証明書を見せてもらい、免許証番号や保険番号などのメモをとる。

*自転車には自動賠償責任保険が付保されていませんので、上記の保険とは、個人賠償責任保険等のことを指します

サブコンテンツ

このページの先頭へ