「自賠責保険-障害等級認定基準」の記事一覧

自賠責保険-耳の障害-併合(1)

耳の障害と障害等級-要領については以下のとおり規定されています。

以下「  」が規定です。

*労基則・労災則等

「イ 併  合

・障害等級表では、耳介の欠損障害について、1耳のみの等級を定めているので、両耳の耳介を欠損した場合には、1耳ごとに等級を定め、これを併合して認定すること。

なお、耳介の欠損を醜状障害としてとらえる場合は、上記の取扱いは行わないこと。

・耳介の欠損障害と聴力障害が存する場合は、それぞれの該当する等級を併合して認定すること。」

自賠責保険-交通事故-後遺障害-併合

交通事故による後遺障害が発生した際に、「併合」という概念が適用される場合があります。

*自賠法施行令第2条第1項第3号

以下「  」が規定です。

「自賠法施行令第2条第1項第3号に、自賠法施行令別表第2に定める後遺障害が2つ以上ある場合の取扱いについては、以下のとおり規定されています。

1.別表第二第5級以上の等級に該当する後遺障害が2つ以上ある場合には、重い方の等級を3級繰り上げる。
2.別表第二第8級以上の等級に該当する後遺障害が2つ以上ある場合には、重い方の等級を2級繰り上げる。

3.別表第二第13級以上の等級に該当する後遺障害が2つ以上ある場合には、重い方の等級を1級練り上げる。

自賠責保険-「なおったとき」(症状固定時の定義)

交通事故による後遺障害の「なおったとき」(症状固定時)の定義については、労働基準法における障害補償並びに労働者災害補償保険法(以下「労災保険法」という。)に規定されていますので、当該規定を記載します。

以下「  」が規定です。

障害補償(交通事故-後遺障害)

交通事故による後遺障害で負った障害補償の意義については、労働基準法における障害補償並びに労働者災害補償保険法(以下「労災保険法」という。)に規定されていますので、当該規定を記載します。

以下「  」が規定です。

なお、この投稿からしばらく当該規定に則ったものを記載します。よって、自賠責保険独自の規定も一部出てきますが、大部分は当該規定によるものですので留意してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ