「法律用語」の記事一覧

逸失利益等の算定に係る蓋然性の用語を正しく理解!

本項では、交通事故によって発生した逸失利益等の算定の際の文章に出てくる「蓋然性(がいぜんせい)」について記載します。

蓋然性に似たような言葉として、可能性があります。

この可能性と蓋然性の異同について説明します。

例えば、以下の文章を見てください。

「交通事故による逸失利益の算定において、原則として、幼児、生徒、学生の場合、専業主婦の場合、及び、比較的若年の被害者で生涯を通じて全年齢平均賃金又は学歴別平均賃金程度の収入を得られる『蓋然性』が認められる場合については、基礎収入を全年齢平均賃金又は学歴別平均賃金によることとし、それ以外の者の場合については、事故前の実収入額によることとする。」(交通事故による逸失利益の算定方式についての共同提言)より引用

司法警察員に事実関係を正確に説明!(重要)

司法警察員(しほうけいさついん)とは、刑事訴訟法(けいじそしょうほう)で次のように規定されています。

刑事訴訟法第百八十九条第一項および第百九十九条第二項の規定に基づく司法警察員等の指定に関する規則を次のように定める。

第一条  警察庁および管区警察局に勤務する警察官のうち、巡査部長以上の階級にある警察官は司法警察員とし、巡査の階級にある警察官は司法巡査とする。

サブコンテンツ

このページの先頭へ