労働能力喪失率とは、健常人の労働能力喪失率をゼロとして、交通事故によって後遺障害を負った程度に応じて、失った労働能力に置き換え総合的に勘案した数値のことです。 この労働能力喪失率は逸失利益を算定する際に使用される係数となります。