「部位・器官用語」の記事一覧

後遺障害の適正申請のために指骨を正しく理解!(2)(英語等の略語表示)

当事務所が扱ったケースでは、交通事故による指骨の骨折は、自転車やオートバイのクラッチレバーやブレーキレバーを握っている最中に強い衝撃を受け発生しています。

本項では診断書に頻出する指骨の英語表示について説明します。

医師は略語を使用して診断書に診断内容を記載する事が多いので、この単語が出てきたらここの部位なんだなと思ってください。

後遺障害の適正申請のために指骨を正しく理解!(1)

この指骨についてですが、オートバイや自転車に乗車していた方が、交通事故の発生時にクラッチレバーやブレーキレバーを握っていた指に大きな衝撃が加わり、骨折等の傷害を負って高次の後遺障害の認定を受けているケースがあります。

この指骨については2回に分けて説明します。

別項で解説した、手のイラストの中手骨(ちゅうしゅこつ)(ブルーの部分)に連結している最初の骨(近位)のことを基節骨(きせつこつ)、次に中節骨(ちゅうせつこつ)・一番指先の骨を末節骨(まっせつこつ)と言います。

後遺障害の適正申請のためにヒトの全身の骨格を正しく理解!(2)

ヒトの全身の骨格について第2項です。

長管骨については、第1項を参照してください。

2.短骨は、手根骨(しゅこんこつ)や足根骨(そくこんこつ)にみられる、短い管状の骨です。

手根骨に関連する障害では、舟状骨骨折(しゅうじょうこつこっせつ)が頻出します。

後遺障害の適正申請のためにヒトの全身の骨格を正しく理解!(1)

人体の骨格を形成する骨について解説します。

2回に分けて説明します。

第1項です。

骨はその形状また機能から分類されますが、後遺障害で頻出する骨の障害に関連する事項に絞って説明していきます。

本項では骨の形状からされる分類について説明します。

1.長管骨は上腕骨(じょうわんこつ)・前腕骨(ぜんわんこつ)・大腿骨(だいたいこつ)等、四肢の骨にみられる長い管状の骨です。

後遺障害の適正申請のために人体の区分を正しく理解!

今回は、人体の区分について説明します。

交通事故による、後遺障害がどの部分で発生しているのか明確に把握することが重要です。

本項では、大まかに使用されている区分で解説します。

人体を大きく区分すると、頭頸部(とうけいぶ)・体幹(たいかん)・四肢(しし)の3つに区分できます。

後遺障害の適正申請のために近位と遠位を正しく理解!

本項では、近位(きんい)と遠位(えんい)について分かりやすく解説します。

別項で体幹(たいかん)について説明しましたが、例えば、交通事故の後遺障害の申請時に「橈骨遠位端骨折(とうこつえんいたんこっせつ)」という症状名が診断書に記載されることがあります。

この、近位(きんい)と遠位(えんい)は、何を基準にして、近い・遠いのかを記載します。

上肢(じょうし)・下肢(かし)ではで体幹(たいかん)に近い方を近位(きんい)と言います。

逆に、体幹(たいかん)から遠い方を遠位(えんい)と言います。

*要するに、ボディに近い方、身体の付け根に近い方を近位(きんい)と言います。

後遺障害の適正申請のために橈骨と尺骨を正しく理解!

本項では、橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃっこつ)について分かりやすく解説します。

別項で体幹(たいかん)について説明しましたが、例えば、交通事故の後遺障害の申請時に「橈骨遠位端骨折(とうこつえんいたんこっせつ)」という症状名が診断書に記載されることがあります。

この、橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃっこつ)については、何を基準にして、橈側(とうそく)と尺側(しゃくそく)になるのかを記載します。

まず、実際に行ってみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ