「交通事故の事実関係を確認できる書類」の記事一覧

交通事故-被害者の対応・必ず交通事故証明書の届け出を行いましょう。

交通事故の当事者は道路交通法第72条によって警察への届出が義務付けられています。

・事故の起こった日時・場所・負傷者数・事故状況等を必ず警察に報告しなければなりません。

・車両同士では被害者も上記の届け出を行わなければなりません。

・上記の対応を怠ると自賠責保険の請求に必要な交通事故証明書の交付を受けることができなくなってしまいます。

自賠責保険の請求-交通事故証明書の取り付け方法

交通事故証明書は、自動車安全運転センターで発行されます。

*警察への届け出がないと発行されませんので、必ず警察へ人身事故として届け出てください。

申請の手順
1.交通事故証明書申込用紙を自動車安全運転センターもしくは警察署(交番・駐在所)等から取り付けてください。
 ※インターネットによる申請も可能です。(http://www.jsdc.or.jp)

実況見分調書の閲覧・謄写したい場合の方法

実況見分調書(じっきょうけんぶんちょうしょ)は、事故が発生した所轄の警察の司法警察員(しほうけいさついん)が作成します。

この実況見分調書では、見分日時・場所・車両の状況等の基礎的な事実が記載されます。

さらに、この実況見分調書は、事故の発生した現場の詳細な図面・事故当時の車両の衝突時当の画像・信号機の配置・点滅時間・点滅間隔等が記載されます。

膨大な資料になる場合があります。

また、被疑者(加害者)の名称が記載され刑事責任の有無を問う基礎資料ともなります。

交通事故証明書の内容を把握!(重要)

交通事故証明書は、交通事故の事実関係を証明する重要な書類です。

たかが、交通事故証明書と思っていませんか?

曽原進行政書士事務所では、事実確認の最初の一歩と考えています。

証明書に記載されている内容をきちんと理解し、把握しましょう。

交通事故証明書は、自動車安全運転センター(神奈川県の場合は横浜市・二俣川)で発行されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ