「お客様の声」の記事一覧

交通事故の相談者(被害者) 神奈川県-14級の認定事例-、交通事故で傷害を負われた直後、当事務所に相談

適切な後遺障害申請で、14等級の後遺障害が認定されました。

交通事故の相談者(被害者) 神奈川県下 J 様

クライアント様は、交通事故で傷害を負われた直後、当事務所にご相談に来られました。

以下、頂いたメールを掲載します。

お元気ですか。曽原先生。

交通事故にあって以来ずっとずっと苦しい日々を過ごしました。そんな時、曽原先生に出会い示談が成立するまでの数年間大変お世話になりました。

神奈川県内の交通事故事例-交通事故の後遺障害申請14級の認定事例

交通事故の症状固定後、直ぐに当事務所に相談にお越しになり、交通事故の後遺障害申請を行うこととなりました。

難しい、法律用語の使用は避けて、クライアント様の視線に沿った形式で、1つ1つ確認をしながら書類作成を行いました。

以下は、交通事故の被害者の奥様から頂いた、『声』です

交通事故の相談者 神奈川県下 A 様

主人は仕事で停車中に追突事故に遭いました。

加害者のクラッチとブレーキの踏み間違えによる三重追突でした。

けがは、脳挫傷、頚椎捻挫という事でしたが日を追うごとに、近くの整形外科に毎日通うほどの手足のしびれや腰の痛みになりました。

病院に半年ほど通った頃保険会社から、「通院を続けるなら写真を撮ってもう一度診断書提出してください。 」と言われ提出し通院。

一年近く通った頃一方的に、症状固定と言う事で示談書が送られてきました。

神奈川県内の交通事故事例-筋肉断列で1ヶ月の松葉杖-14級の認定事例

交通事故の相談者 神奈川県下 G 様

この度は曽原先生には大変お世話になりました。

アルバイトの帰りにバイクで事故に会いました。

私は飛ばされ頭と首、全身を打ち右大腿部におきましては、筋肉断列で1ヶ月の松葉杖の生活でした。

1年近くのリハビリ通院をし、長く勤めていた仕事も退職をせざるを終えませんでした。

保険会社の後遺症害の認定は非該当でした。

症状が良くならず異議申し立てをするか否かと悩んでおりました所、曽原先生と出会いました。

神奈川県内の交通事故-首・腕のしびれ等-14級の後遺障害認定事例

交通事故の相談者 神奈川県下 H 様

曽原先生どうもありがとうございました。

昨年の1月に仕事中に追突されてしまい首の痛みから1月半仕事を、休業しなければなりませんでした。

生まれて初めての事故であり、今後どうしていけばいいか考慮し、インターネットでいろいろ調べていました。

しかし、保険会社相手に素人ではなかなか難しいのではないかと思いました。

そんなとき曽原先生のサイトをみつけ、とりあえず話しだけでも、聞いてみようと面談していただきました。

東京都内の交通事故です。14級の後遺障害認定を受けました。

東京都内の交通事故です。14級の後遺障害認定を受けました。

家族4人(妻と子供3人)が車対車の追突事故により受傷しました。

幸いなことに子供3人は軽傷で済んだのですが、妻は結果として、14級の後遺障害認定を受けました。

その結果、示談において大変満足のいく結果を得ることができました。

また、当初は自分で書籍を購入して勉強し、増額を勝ち取ろうとしたのですが、慰謝料の表の見方さえ分からない始末でした。

神奈川県・横浜市の交通事故事例です。当初、非該当であったものが14級に認定されました。

クライアント様の付保されていた、人身傷害保険で異議申立を実施しました。

当初、非該当であったものが14級に認定されました。神奈川県・横浜市内の交通事故の事例です。

自動車全損になる交通事故を起こし、事故から2年以上経過しますが体に痛みや痺れが残っています。

事故当時、任意保険の担当社員は非常に親身になってくれていましたが、示談に向け自賠責保険に対して後遺障害認定申請したところ、「痛みを画像上では判断できない」という理由で簡単に却下されてしまいました。

担当の保険会社社員も「我々もその気持ちはわかるがどうすることもできない」と手のひらを返すように言われ、誰にも痛みの辛さを理解してもらえない事からさらに精神的に参ってしまいました。

あるきっかけで曽原先生とお会いすることができ、わらにもすがる思いで本件依頼しました。

神奈川県内の交通事故-後遺障害14級のクライアント様-7(認定事例)

この度の交通事故の損害賠償請求業務において、曽原先生には大変お世話になりました。

私は原付バイクに乗って停車していたところ、前にいた乗用車が後退し、追突(逆突)されました。

当初は全治10日間という診断結果でしたが、負傷した右膝を2度手術した後、金属入りのサポーターと杖を常用しての生活を強いられることとなりました。

損保側は加害者に100%過失があることを認めながらも、入院中の休業補償等の支払いに応じず、これ以上個人で立ち向かうのは限界と考えるようになりました。

事故から2年以上が経過し、次第に精神的なストレスと不安を抱えるようになり、どうにかできないものかとインターネットで情報収集をしていたところ、曽原先生の存在を知りました。

神奈川県内の交通事故の事例-後遺障害14級(頸椎捻挫等)のクライアント様-6(認定事例)

私は自動二輪で走行中に右折してきた自動車と衝突する事故に遭いました。

治療を続けていましたがなかなか痛みがとれず、相手保険会社から金額の提示がありました。

素人なのでこれが妥当なものなのかどうか分かりませんでした。

そこで、インターネットでいろいろ調べたところ、どうやらもっとも低い金額らしいということがわかりました。

相手保険会社はプロですから、どのように交渉すればいいかと悩んできるときに、曽原行政書士事務所のことを知り、相談させていただきました。

横浜市内のバイク乗車中の交通事故-後遺障害14級(頸椎捻挫等)のクライアント様-5(認定事例)

私は、バイクを運転中に交差点で車と接触事故にあいました。
ぶつかった衝撃で、右手首の骨折と腰を打撲するけがを負ってしまいました。

私は自賠責保険しか加入していなかったため、相手が有利な状態になってしまいました。

毎日のように、かかってくる相手の保険会社からの電話や、思うように動かない自分の体、精神的にも辛い日々が続きました。

その時、知人に紹介された曽原行政書士事務所に出会いました。

曽原先生は評判通りの方で、何事にも親切で些細な相談にも親身になって聞いてくださいました。

横浜市内の交通事故-後遺障害14級(頸椎捻挫等)のクライアント様-4(認定事例)

曽原先生 こんにちは。

この度は本当にありがとうございました。

先生のおかげで満足のいく結果となり、先生にご相談・依頼したことは大正解でした。

1年半前に車対車の右折・直進のT字交差点で、相手方の前方不注意による事故に遭いました。

相手側からの謝罪もあったのですが、事故を起こした本人からは誠意のある謝罪でしたが、加害者の雇用者からの謝罪は本当にひどいものでした。

ただ『謝罪の言葉』を言っているだけで、本心からの謝罪ではないんだなと感じ、精神的にも辛く、治療・リハビリの通院もなかなか回復せずに精神的・身体的にひどい状態でした。

その後 リハビリにも9ヶ月ほど通院し、症状固定で示談交渉に入りました。

東京都内の交通事故-後遺障害14級(頸椎捻挫等)のクライアント様-3(認定事例)

「通勤途中のバスに乗車中、信号待ちで停車中のバスに自動車が追突してきました。

リハビリに通院しても症状は改善されなかったので後遺障害を申請し14級と認定されました。

しかし、認定後も、保険会社の提示してくる金額は、以前とは大差ありませんでした。

何よりも辛かったのが、私の環境にとりまく問題が全く金額に反映されていないことに憤りを感じました。

交通事故は、被害者が本当にやられ損だと初めてわかりました。

何故、日本は、加害者を守る法律はしっかりあるのに、被害者に対しては、我慢を強いるようなものしかないのでしょうか。

神奈川県内の交通事故-後遺障害14級(頸椎捻挫等)のクライアント様-2(認定事例)

「仕事中に追突事故にあいました。

話は示談成立直前まで進んでいました。保険屋と話し、リハビリ等続けてましたが、症状に不安があり、納得できない状況にいました。

事故後1年間経っており保険屋との話も平行線状態でした。

そこで、曽原先生を知り、相談しお願いする事で、最終的な保険金額も自分が納得できる状況に進み解決しました。

このまま示談せずに先生に相談して本当によかったと思いました。

曽原先生には非常に感謝しています。ありがとうございました。」

神奈川県内の交通事故-後遺障害14級(頸椎捻挫等)のクライアント様-1(認定事例)

「交通事故で心身が苦しい時に曽原先生と話をして気が楽になったのを良く覚えています。

今までの保険会社による一方的な話や、リハビリで症状が改善されない事に憤りを感じていたので、曽原先生のカウンセリングマインドな会話、相談でホッとできました損害賠償受領額は、ほぼ倍増しました。

その後先生におまかせし、後遺障害も14等級がとれその他の保障もとれたので感謝感謝です。

一番良いのは交通事故の無い社会ですが、事故が起きてしまったら心から自分が信頼できる専門家に依頼する事ですね。

示談が終わりましても他のことで時々相談にのって下さい。

親しみとやさしさ、そして情熱的な曽原先生です。

これから仕事だけに励めます!!ありがとうございました。」

横浜市内-通勤途上のバイクの交通事故-後遺障害13級(右手・指骨折等)のクライアント様-1(認定事例)

適切な後遺障害申請により、13等級の後遺障害が認定されました。

通勤途上でバイクに乗車中、交差点で停止中、後方からの直進の乗用車に衝突されました。

右手および指が骨折し、症状固定まで約1年間を要しました。

加害者は、自賠責保険のみの加入であったため、治療継続には大きな注意が必要でした。

事故直後から、曽原事務所に自賠責保険の申請手続きを行ってもらいました。

曽原先生のサポートは約1年間くらいでしたが、大変お世話になりました。

右手の指の後遺障害の申請が認められて、13級の後遺障害に該当しました。

この時点で、私がバイクにかけていた無保険車による事故の保険が該当することとなり、この手続きについても、サポートしていただきました。

横浜市内-オートバイの交通事故-後遺障害12級(下肢骨折等)のクライアント様-6(認定事例)

私は3年前に事故にあいました。会社帰り自宅近くのT字交差点をオートバイで右折しようと停車していた時前方から直進してきた車が、センターラインをはみ出し正面衝突され左足頚骨プラトー骨折と言うものでした。

幸い、相手方は任意保険にも加入していて入院や手術も相手の保険会社が全て負担してくれました。

事故から2年ほどたち、仕事にも復帰できましたが、依然として事故による足の痛みや、稼動域の低下、骨折による短縮等、健常だった頃に比べて生活の不自由さは目に見えて分かるものでした。

病院の医師は、「いずれ痛みは無くなると思います。」と適当な診断であまり感じの良い対応ではありませんでした。

この頃、相手の保険会社から症状固定が決まり次第、示談の相談をさせてくれと言われ、医師に診断書を作成して貰いました。

診断書を見ると、素人の私でもちょっとこれは・・・と思うほど簡素で、私の訴えている痛みや、不自由な生活を強いられていると言った記述は一切ありませんでした。

神奈川県内の交通事故-後遺障害12級(下肢骨折等)のクライアント様-5(認定事例)

母親が、車をよけた拍子に転倒して足の骨折をしてしまいました。

整形外科で8か月に及ぶリハビリを行いましたが、正座ができないなどの後遺症が残ってしまいました。

曽原先生との面接では、今後の対応について、わかりやすく丁寧に説明していただきました。

やはり専門知識のない事故の被害者が適正な後遺障害の認定を受けるには、やはり曽原先生のような交通事故専門の行政書士に依頼する事が大切だと痛切に感じました。

母親も、納得のいく示談ができて曽原先生に大変感謝しています。

今後の先生のますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます

横浜市内-自転車走行中の交通事故-後遺障害12級のクライアント様-4(認定事例)

私は3年前、自転車走行中事故に遭いました。

なんと飲酒・ひき逃げでした。

とにかく大変な事になってしまったとは思いましたが、相手を憎む気持ちはなぜかあまりありませんでした。

しかし数日後、加害者は既婚の女性でしかも小学生の子供がいると聞かされた時はさすがにショックでした。

何度も謝罪に来られるご主人の姿は痛々しく、ましてお子さんのことを思うと胸が詰まる思いでした。

ですから刑事処分が下るにあたり、相手側の弁護士から「少しでも加害者の刑が軽くなるよう力を貸してもらえないか」とお話があった時はすぐ協力する旨を伝えました。

正直な気持ちでした。

神奈川県内-高齢者の交通事故-後遺障害11級(腰椎変形等)のクライアント様-2(認定事例)

信号の有る交差点の歩行者信号が青で、横断歩道を渡っているときに、右折してきた車にはねられました。

その時の衝撃で、およそ6m飛ばされ腰椎破裂骨折、首や脚などの捻挫、擦過傷といった大怪我を負い6週間の入院と1年間のリハビリを続けた結果、腰椎の変形や腰痛といった症状を残したものの、ようやくほぼ普段の生活を取り戻しました。

そんな中、損保会社との交渉をするために準備をしていた時に、WEBサイトで出会ったのが曾原進行政書士でした。

相談者との応対や相談者の多数のコメントを拝見して、協力をお願いすることになりました。

決して急がず、親切丁寧に判りやすく説明して貰いました。

多数の知見と豊富な情報で満足な結果をもたらしたと思っています。

神奈川県内-高齢者の交通事故-後遺障害11級(大腿骨骨折・足首脱臼骨折)のクライアント様-1(認定事例)

「晴天の霹靂」、まさにそんな言葉がぴったりな出来事でした。

職場に息子から「お爺ちゃんが交通事故に遭った」と連絡が入ったのです。

仕事の段取りを急いで済ませて病院に向かいました。

道中、私は「擦過傷や打撲程度かな?」などと 思っていたのですが 、ドクターの説明は「大腿骨骨折」・「足首脱臼骨折」両ヶ所共、手術が必要。

全治3ヶ月以上の「重傷」多少の障害は残る可能性があるとの事でした。

翌日、加害者の加入している損保会社の担当者の方が来て、一通りの お見舞いの言葉など話した後 「お願いなのですが、健康保険の使用を認めていただけませんか?

使用して頂けるなら示談の時 慰謝料を弊社基準の20%増でお支払いします」との事でした。

横浜市内-歩行中の交通事故-後遺障害10級(上肢可動域障害)のクライアント様-2(認定事例)

曽原先生、長期間にわたりサポート頂きありがとうございました。

私は、散歩中に前方不注意の自動車にはねられて右手関節を骨折しました。

手術後、手首をシーネで固定し、リハビリを行いました。

この後、後遺障害の申請について全く分からない状況となりました。

曽原事務所に電話して面談して頂いたときから、最後まで丁寧で親切なサポートでした。

何も分からない私でしたが、満足のいく結果を得ることができました。

もう事故は嫌ですが、今後とも宜しくお願いいたします。

横浜市内-バイクに乗車中の交通事故-後遺障害12級(上肢可動域障害)のクライアント様-3(認定事例)

バイクで横浜市の国道を直進中、一時停止を怠った車両に衝突されました。

電話で相談を行った後、即、面談を行ってもらいました。

労災も使用していましたが、曽原先生からの分かりやすい説明で安心することができました。

医師に後遺障害の診断書を記載してもらう際には、何回も曽原先生の説明を聞きなおし、理解できるまで説明してもらいました。

診断書には、「右肩痛、同可動域制限、右上肢挙上、外転筋力低下。仕事上制限あり。ADL制限あり。左母指痛、可動域制限」を記載し、後遺障害12級(上肢可動域障害)を認定してもらうことができました。

先生に事務処理について本当にお世話になりました。

横浜市内-バイクに乗車中の交通事故-後遺障害10級(上肢可動域障害)のクライアント様-1(認定事例)

曽原先生、ありがとうございます。

バイクに乗車中、右折を行うため停止していたところへ、直進の乗用車に衝突されました。

救急車で病院に搬送されました。

理不尽な交通事故にあって、市役所の相談窓口や神奈川や横浜の各関係機関に相談しましたが、いまひとつ親身になって相談にのってもらえず、不安な日々を過ごし、納得できない気持ちに苛立ち、曽原事務所に相談しました。

一番親身になって、相談に応じてくれたのが決め手でした。

それからも、相談できる人(プロ)がいる。

と思うと心強くなれた気がします。

東京都内-軽自動車にて信号待ちの際の交通事故-後遺障害8級(右腕可動域障害等併合)のクライアント様-1(認定事例)

軽自動車にて信号待ちをしていたところ、前方不注意のトラックに後ろから追突されました。

それにより顔面挫創、上顎骨欠損、右前腕挫創等、非常に大きな怪我を負ってしまいました。

約4年の治療とリハビリを経て、医師に後遺障害診断書を作成して頂きました。
これでやっと保険会社と最終的な示談ができると思っていました。

ところが、保険会社が提示してきた内容を見て愕然としました。

私の右腕は、事故により大きな傷跡を残し可動域についても、正常な左の半分程度であったのですが、それについては、全く問題ないというような判断をされていたのです。

顔面挫創と上顎骨欠損分の後遺障害等級12級の判断でした。

横浜市内でバイクに乗車中の交通事故-後遺障害6級(大腿骨骨折等併合)のクライアント様-1(認定事例)

バイクに乗車中、側方から衝突され救急車で病院に搬送されました。リハビリも含め長い期間治療を続けました。

この先どうしたら良いのか困っていました。

電話で、お話した時に、この事務所に任せようと思いました。

長い期間にわたり、サポート頂きありがとうございました。

一時期は、本当にどうなってしまうのか毎日が不安でした。

おかげさまで、納得のいく結果を迎えることができました。

後遺障害7級(高次脳機能障害)の-東京都内-クライアント様-3(認定事例)

만약 외국인이어서 낯선 곳에서 불안 하더라도 소하라상은 그 불안을 잘 친절히 도와주실겁니다

다시 한번 감사드립니다

2008년 가을, 제 동생이 일본에서 유학생활을 하다가 새벽에 교차점에서 자전거와 차 사고가 났습니다.

머리를 강하게 박아서 동경에 있는 국립 국제의료병원에서 수술을 2차례나 받았습니다.

在日中国人の方の交通事故-横浜市内-後遺障害5級(脊髄損傷・醜状痕)のクライアント様-1(認定事例)

于是在网上找了曾原老师,经过老师的努力协调终于和保险公司达成协议。

陪偿金也大幅度提高。

把我和母亲的不安都代走了。

インターネットで曽原先生に出会いました。その後、後遺障害5級に認定されました。

最後まで納得がいくまでサポートをしてくれました。

曽原先生が、いたからこそ今まであった不安や辛い毎日がなくなっていました。

東京都内-オートバイ乗車中の交通事故-後遺障害9級(右大腿骨骨折を含む両足骨折)のクライアント様-1(認定事例)

オートバイ乗車中、タクシーと右直事故に逢いました。

両足骨折~手術で院内感染にあい、度重なる手術~転院~長期の経過観察が必要になりました。

当初タクシー会社の事故担当、保険会社の担当も対応が良かったのですが、金融ショック等で対応が一変しました。

きっとこれを読まれている方は私と同じで交通事故には全くの素人でしかありません。

素人ながら交通事故の本を読んで理論武装しましたが、正しいのか判断つきません。

相手方の度重なる揺さぶりにも、精々時効を迎えないようにするしかありませんでした。

東京都内の交通事故-後遺障害7級(右足関節脱臼骨折)のクライアント様-2(認定事例)

私は本当に不慮の避けられない状況のなか事故に遭いました。

事故にあったというより、事故に巻き込まれたという方が確かかもしれません。

当時真っ先に思ったことは、何よりも家族のこと。

初めの入院の時より曽原先生には何度も足をお運びいただきました。

そして、この先の不安など親身になって相談を受けていただきました。

バイクに搭乗中の交通事故-横浜市-後遺障害7級(右腕尺骨粉砕骨折)のクライアント様-1(認定事例)

バイクの搭乗中に、Uターンする車に進路を塞がれ転倒し、右腕尺骨粉砕骨折の怪我を負う事故に遭いました。

事故相手が任意保険に加入していないうえに、住所不定の人で連絡もとれない状況でした。

私は運が悪かったと諦めて、通勤中の事故ということで労災保険を適用してもらい、なんとか入院、手術、通院をすることはできました。

退院後、労災保険にてリハビリ・通院を医者の指示に従い続けていましたが、症状固定と診断されたときには事故から約3年もの年月が過ぎていました。

労災へ足を運び、腕の状態を診てもらい労災から私に支払いされる保険金の話になったとき、「先に自賠責保険へ保険金請求をしないと労災からは支払いできませんよ。 と労災担当から教えてもらいました。

私が事故に遭い、事故から3年経った時点で自賠責保険の方と会ったこともありませんでしたので、自賠責に請求するとは何の事かさっぱりわかりませんでした。

自転車の交通事故-横浜市-後遺障害12級のクライアント様-2(認定事例)

上段は、お母様からのメールです。下段は、お嬢様(娘様)からのメールです。

交通事故の相談者(被害者) 神奈川県下 Z 様

私は自転車の交通事故 被害者の娘を持つ母親です。

娘は自転車で直進走行中、一時停止確認無視の自転車とブレーキをかける間もなく、ぶつかり右顔面を打ってしまいました。

怪我の被害状況は右顔面頬骨を骨折です。

自動二輪での交通事故-横浜市-後遺障害12級のクライアント様-1(認定事例)

自動二輪で走行中追い越そうとしたタクシーに接触される事故に遭いました。

病院に通院し治療を受けている中「症状固定」の通知が相手側損保から届きました。

相手側損保の言いなりにはなりたくないと思い、いくつかの行政書士事務所に電話をかけました。

曽原行政書士事務所だけは、後遺障害が取れるか取れないかにかかわらず、快く引き受けてくださいました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ