「2014年2月」の記事一覧

   

自賠責保険-耳の障害と障害等級-要領(2)

自賠責保険-障害等級認定の具体的要領

耳の障害と障害等級-要領については以下のとおり規定されています。 以下「  」が規定です。 *労基則・労災則等 「1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの  第6級の4 「1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの」とは、1耳の平均純音聴力レベルが90dB以上であり、かつ、他耳の平均純音聴力レベルが70dB以上のものをいう。

   

自賠責保険-耳の障害と障害等級-要領(1)

自賠責保険-障害等級認定の具体的要領

耳の障害と障害等級-要領については以下のとおり規定されています。 以下「  」が規定です。 *労基則・労災則等 「聴力障害 聴力障害に係る等級は、純音による聴力レベル(以下「純音聴力レベル」という。)の測定結果及び語音による聴力検査結果(以下「明瞭度」という。)を基礎として、次により認定すること。 a 両耳の障害 両耳の聴力を全く失ったもの   第4級の3

   

自賠責保険-「なおったとき」(症状固定時の定義)

自賠責保険-障害等級認定にあたっての基本的事項

交通事故による後遺障害の「なおったとき」(症状固定時)の定義については、労働基準法における障害補償並びに労働者災害補償保険法(以下「労災保険法」という。)に規定されていますので、当該規定を記載します。 以下「  」が規定です。

   

障害補償(交通事故-後遺障害)

自賠責保険-障害等級認定にあたっての基本的事項 自賠責保険-障害等級認定基準

交通事故による後遺障害で負った障害補償の意義については、労働基準法における障害補償並びに労働者災害補償保険法(以下「労災保険法」という。)に規定されていますので、当該規定を記載します。 以下「  」が規定です。 なお、この投稿からしばらく当該規定に則ったものを記載します。よって、自賠責保険独自の規定も一部出てきますが、大部分は当該規定によるものですので留意してください。

                   

ページの先頭へ