「2014年1月」の記事一覧

自賠責保険-部位別障害等級一覧表・・躯 幹 及 び長 管 骨

自賠責施行令別表第2 障害の部位 障害の程度 等級 躯 幹 及 び長 管 骨 脊柱に著しい変形又は運動障害を残・・・

自賠責保険-部位別障害等級一覧表・・内臓及び生殖器障害

自賠責施行令別表第2 障害の部位 障害の程度 等級 内臓及び生殖器障害 胸腹部臓器に著しい機能障害、終身労務不・・・

自賠責保険-部位別障害等級一覧表・・神経系統の機能又は精神障害

自賠責施行令別表第2 障害の部位 障害の程度 等級 神経系統の機能又は精神障害   神経系統の機能又・・・

自賠責保険-部位別障害等級一覧表・・醜状障害

交通事故によって発生した醜状痕は外貌と上下肢に分類され、どの程度の大きさのものが露出しているかが問題になります。

自賠責保険-部位別障害等級一覧表・・醜状障害

自賠責保険-部位別障害等級一覧表・・口の障害

交通事故による後遺障害のうち口は言語・咀嚼が対象となり、歯牙は補綴の程度が問題となります。

自賠責保険-部位別障害等級一覧表・・口の障害

自賠責保険-部位別障害等級一覧表・・鼻の障害

交通事故によって発生した後遺障害について部位別に記載しました。本項は鼻について記載しています。

自賠責保険-部位別障害等級一覧表・・鼻の障害

後遺障害の適正申請のために脊髄損傷を正しく理解!

交通事故で脊髄に強い受けた時に、脊髄損傷の後遺症が発生する場合があります。

脊髄には多数の神経があり、この神経が様々な筋肉を稼動させています。

この脊髄の損傷の程度を検証するためには画像による証明が確実です。

更に、例えば上肢C7・C8の異常感覚、箸が上手に扱えない等の記述で所見が診断書に記載された場合には、C7・C8が支配している領域の上肢の筋についてMMT(徒手筋力検査)が行われるケースがあります。

後遺障害7級(高次脳機能障害)の-東京都内-クライアント様-3(認定事例)

만약 외국인이어서 낯선 곳에서 불안 하더라도 소하라상은 그 불안을 잘 친절히 도와주실겁니다

다시 한번 감사드립니다

2008년 가을, 제 동생이 일본에서 유학생활을 하다가 새벽에 교차점에서 자전거와 차 사고가 났습니다.

머리를 강하게 박아서 동경에 있는 국립 국제의료병원에서 수술을 2차례나 받았습니다.

在日中国人の方の交通事故-横浜市内-後遺障害5級(脊髄損傷・醜状痕)のクライアント様-1(認定事例)

于是在网上找了曾原老师,经过老师的努力协调终于和保险公司达成协议。

陪偿金也大幅度提高。

把我和母亲的不安都代走了。

インターネットで曽原先生に出会いました。その後、後遺障害5級に認定されました。

最後まで納得がいくまでサポートをしてくれました。

曽原先生が、いたからこそ今まであった不安や辛い毎日がなくなっていました。

自賠責保険-部位別障害等級一覧表・・耳の障害

交通事故による耳の後遺障害は、聴力の喪失の有無について検証が求められます。

自賠責保険-部位別障害等級一覧表・・耳の障害

自賠責保険-部位別障害等級一覧表・・眼の障害

交通事故によって発生した後遺障害について部位別に記載しました。本項は眼の障害です。

自賠責保険-部位別障害等級一覧表・・眼の障害

後遺障害の適正申請のために挫傷・挫滅の用語を正しく理解!

挫傷(ざしょう)、挫滅(ざめつ)は自賠責の後遺障害診断書上において、しばしば記載される用語です。

本項において、この2つの用語について分かりやすく説明します。

この2つの言葉は、ともに外的な圧力が加わることにより発生する損傷という点では同じです。

では、どこが異なるのかを説明します。

挫傷とは直接の外傷または圧迫によって発生する損傷です。

後遺障害の適正申請のために中枢神経系と末梢神経系を正しく理解!

交通事故によって大きな衝撃を受けた場合に、ヒトの神経系統が大きなダメージを負い後遺障害が発生する場合があります。

本項では神経系統について分かりやすく説明します。後段において、発生が懸念される後遺障害やその後遺障害の発生を検証する検査について記載します。

ヒトの神経系は、中枢神経系と末梢神経系に分類できます。

1.まず中枢神経系について分かりやすく説明します。

中枢神経系は脳と脊髄から構成されます。

後遺障害の適正申請のために表在感覚と深部感覚を正しく理解!

自賠責保険の後遺障害の規定にある表在感覚と深部感覚を分かりやすく説明します。

後段において、発生が懸念される後遺障害やその後遺障害の発生を検証する検査について記載します。

表在感覚と深部感覚に関する自賠責保険の規定は、手指等の機能障害の感覚の完全脱失等の項で既述していますのでタグをクリックして関連事項を読んでください。

ヒトは日常生活を送るうえで様々な感覚を身体に感じています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ