障害補償(交通事故-後遺障害)

交通事故による後遺障害で負った障害補償の意義については、労働基準法における障害補償並びに労働者災害補償保険法(以下「労災保険法」という。)に規定されていますので、当該規定を記載します。
以下「  」が規定です。

なお、この投稿からしばらく当該規定に則ったものを記載します。よって、自賠責保険独自の規定も一部出てきますが、大部分は当該規定によるものですので留意してください。

「障害補償は、障害による労働能力のそう矢に対する損失てん補を目的とするものである。

したがって、負傷又は疾病(以下「傷病」という。)がなおったときに残存する、当該傷病と相当因果関係を有し、かつ、将来においても回復が困難と見込まれる精神的又は身体的なき損状態(以下「廃失」という。)であって、

その存在が医学的に認められ、労働能力のそう失を伴うものを障害補償の対象としているものである。」

換言しますと、交通事故を起因として生じた後遺障害は医学的に証明ができて、かつ、労働能力の喪失を障害補償の対象としています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ