自動車損害賠償責任保険(共済)の保険金(共済金)等の支払基準

自動車損害賠償責任保険(共済)の保険金(共済金)等の支払は施行令等に依拠しています。

第1 総  則

1.自動車損害賠償責任保険の保険金等の支払は、自動車損害賠償保障法施行令(昭和30年政令第286号)第2条並びに別表第1及び別表第2に定める保険金額を限度としてこの基準によるものとする。

2.保険金額は,死亡した者又は傷害を受けた者1人につき、自動車損害賠償保障法施行令第2条並びに別表第1及び別表第2に定める額とする。

ただし、複数の自動車による事故について保険金等を支払う場合は、それぞれの保険契約に係る保険金額を合算した額を限度とする。

*2.は共同不法行為と異時共同不法行為について記述したものです。

*自動車損害賠償責任保険(共済)の保険金(共済金)の共同不法行為と異時共同不法行為については上記に依拠していますので、当該事故の共同不法行為が立証される限りは支払われます。

傷害による損害は下記の項目です。

 
第2 傷害による損害は、積極損害(治療関係費、文書料その他の費用)、休業損害及び慰謝料とする。

*自賠責保険に規定されている傷害(ケガ)を負った場合の損害賠償請求できる項目は上記の項目です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ