交通事故-後遺障害による労働能力喪失率表(自賠責保険)

交通事故-後遺障害による労働能力喪失率表(自賠責保険)(別表第1の場合)

・労働能力喪失率とは後遺障害の残存によって、どの程度労働能力が失われたかを割合化したものをいいます。

・交通事故によって後遺障害が発生した場合は、後遺障害の程度によって第1級~第14級に分類されます。

・この分類された障害等級によって労働能力の喪失率が決定されます。

・労働能力喪失率は別表第2においては喪失率が5/100から100/100まで規定されていますが、別表第1においては喪失率は100/100のみです。

障害等級 労働能力喪失率
第1級 100/100
第2級 100/100

交通事故-後遺障害による労働能力喪失率表(自賠責保険)(別表第2の場合)

障害等級 労働能力喪失率
第1級 100/100
第2級 100/100
第3級 100/100
第4級 92/100
第5級 79/100
第6級 67/100
第7級 56/100
第8級 45/100
第9級 35/100
第10級 27/100
第11級 20/100
第12級 14/100
第13級 9/100
第14級 5/100
サブコンテンツ

このページの先頭へ