交通事故の被害者が受けた損害はダメージを受けた対象が財産的なものか、精神的なものかによって、財産的損害と精神的損害に分類することができます。

交通事故の損害は財産的損害と精神的損害に大きく2つに分類することができます。

1.財産的損害とは、交通事故によって受けた経済的損害という意味です。

この財産的損害に対しては、交通事故によって経済的なダメージを受けた部分の内、損害賠償請求が行える部分については、貨幣価値に置き換えて加害者に損害賠償請求を行います。

実務上は、財産的損害は、交通事故がなかった場合の財産状態と交通事故に遭遇した場合の財産状態の「差」ととらえています。

この財産的損害には、積極損害と消極損害があります。

積極損害は、もし被害者が交通事故に遭遇しなければ支出する必要のなかった費用(金額)のことを言い、消極損害は、もし被害者が交通事故に遭遇しなければ収入になったであろうと考えられる収益(金額)のことを言います。

2.精神的損害とは、交通事故によって受けた文字どおり精神的な損害という意味です。

*辛いとか、苦しい、悲しいといった、心(こころ)のダメージや、肉体的な苦痛と言った方が分かりやすいかもしれませんね。

これは交通事故によって精神的なダメージを受けた部分の内、損害賠償請求が行える部分については、精神的なダメージ分を貨幣価値に置き換え加害者に損害賠償請求を行います。

この精神的損害には、慰謝料があります。

下の図は財産的損害と精神的損害に関連する項目を表にしたものです。

傷害事故 積極損害 治療関係費
財産的損害 付添看護費
通院交通費
入院雑費
義肢等の装具費用
その他の費用

(診断書等)

消極損害 休業損害
精神的損害 慰謝料 傷害慰謝料
財産的損害 後遺障害事故 積極損害 治療関係費

(症状固定後)

付添看護費
家屋等改造費
義肢等の装具費用
消極損害 後遺障害による逸失利益
慰謝料 後遺障害慰謝料
死亡事故 積極損害 治療関係費
付添看護費
葬儀関係費
逸失利益
精神的損害 死亡慰謝料
財産的損害 物損事故 積極損害 修理費
評価損
代車使用料
買い替え諸経費
消極損害 休業損害
サブコンテンツ

このページの先頭へ