交通事故による損害は積極損害・消極損害・慰謝料に分類されます。

交通事故による損害は積極損害(支出の必要がなかった費用)・消極損害(収入が見込めた収益)・慰謝料(精神的なダメージを金額に換算した額)に分類されます。

1. 交通事故による損害は積極損害・消極損害・慰謝料の3つに分類することができます。

1つ目の積極損害は一言で言うならば、交通事故にあわなかったならば支出する必要がなかった費用です。

・交通事故に遭遇しなければ、通院治療もしなかったわけですし、これに付帯する交通費、入院雑費、後遺障害診断書の発行の費用など発生しえなかったことになります。

・こういった費用のことを一括りにして『積極損害』と言います。

2つ目の消極損害は、交通事故にあわなかったならば収入になったはずの収益です。

・交通事故に遭遇しなければ、会社も休まなくてすんだはずですし、後遺障害が発生しなければ逸失利益も生しえなかったことになります。

・こういった費用のことを一括りにして『消極損害』と言います。

上記の『積極損害』も『消極損害』、言い換えればプラスの財産もマイナスの財産も、合理的な方法によって貨幣額に換算することができます。

3つ目の慰謝料については、肉体的苦痛、辛い、苦しいと言った事項を貨幣額に置き換えて損害賠償額を算定していきます。

・この苦しい、辛いといった事項は定性的な事項です。

・これらのものは、どのくらいの大きさなのか、どのくらいの容量なのか、どのくらいの重量なのか定量的に計測することができません。

・したがって、精神的損害=慰謝料については一定の算式で慰謝料の貨幣額=金額を算定します。

この精神的損害には、慰謝料があります。

下の図は財産的損害と精神的損害に関連する項目を表にしたものです。

傷害事故 積極損害 治療関係費
財産的損害 付添看護費
通院交通費
入院雑費
義肢等の装具費用
その他の費用

(診断書等)

消極損害 休業損害
精神的損害 慰謝料 傷害慰謝料
財産的損害 後遺障害事故 積極損害 治療関係費

(症状固定後)

付添看護費
家屋等改造費
義肢等の装具費用
消極損害 後遺障害による逸失利益
慰謝料 後遺障害慰謝料
死亡事故 積極損害 治療関係費
付添看護費
葬儀関係費
逸失利益
精神的損害 死亡慰謝料
財産的損害 物損事故 積極損害 修理費
評価損
代車使用料
買い替え諸経費
消極損害 休業損害

神奈川県横浜市・曽原 進 行政書士が作成した、交通事故の自賠責保険・保険金請求項目の一覧です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ