自賠責保険-鼻の障害-準用

鼻の障害-準用については以下のとおり規定されています。

以下「  」が規定です。

鼻の機能障害のみを残すものについては、障害等級表上特に定めていないので、その機能障害の程度に応じて、次により準用等級を定めること。

嗅覚脱失又は鼻呼吸困難については、第12級の12を準用すること。

嗅覚の減退については,第14級の9〔第14級の10〕を準用すること。

 
嗅覚脱失及び嗅覚の減退については、T&Tオルフアクトメータによる基準嗅力検査の認知城値の平均嗅力損失値により、次のように区分する。

5.6以上     嗅覚脱失
   
2.6以上5.5以下 嗅覚の減退

   
なお、喚覚脱失については、アリナミン静脈注射(「アリナミンF」を除く。)による静脈性喚覚検査による検査所見のみによって確認しても差し支えないこと。

サブコンテンツ

このページの先頭へ