自賠責保険-鼻の障害と障害等級-要領(1)

鼻の障害と障害等級-要領については以下のとおり規定されています。

以下「  」が規定です。

*労基則・労災則等

鼻の障害と障害等級

鼻の障害については、障害等級表上鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの  第9級の5のみを定めている。

鼻の欠損を伴わない機能障害については、労災則第14条第4項により、その障害の程度に応じて、障害等級表に掲げている他の障害に準じて等級を認定すること。

(2)障害等級認定の基準

「鼻の欠損」とは、鼻軟骨部の全部又は大部分の欠損をいう。

また、「機能に著しい障害を残すもの」とは、鼻呼吸困難又は嗅覚脱失をいう。

鼻の欠損が、鼻軟骨部の全部又は大部分に達しないものであっても、これが、単なる「外貌の醜状」の程度に達するものである場合は、第12級の14とすること。

サブコンテンツ

このページの先頭へ