自賠責保険-口の障害と障害等級-要領(9)-1

口の障害と障害等級-要領については以下のとおり規定されています。

本項は、言語機能に障害があるものについて記載します。

以下「  」が規定です。

*労基則・労災則等

「口の障害」

「併合,準用,加重」

準  用

(イ)舌の異常、咽喉支配神経の麻痺等によって生ずる嚥下障害については、その障害の程度に応じて、そしやく機能障害に係る等級を準用すること。

(ロ)味覚障害については、次により取り扱うこと。
     
a 味覚脱失
  
(a)頭部外傷その他顎周囲組織の損傷及び舌の損傷によって生じた味覚脱矢については、第12級を準用すること。

(b)味覚脱失は、濾紙ディスク法における最高濃度液による検査により、基本4昧質すべてが認知できないものをいう。
 
b 味覚減退
   
(a)頭部外傷その他顎周囲組織の損傷及び舌の損傷によって生じた味覚減退については,第14級を準用すること。

(b)味覚減退は、濾紙ディスク法における最高濃度液による検査により、基本4味質のうち1味質以上が認知できないものをいう。
    
C 検査を行う領域

検査を行う領域は、舌とする。
     
d 障害認定の時期
     
味覚障害については、その症状が時日の経過により漸次回復する場合が多いので、原則として療養を終了してから6ケ月を経過したのちに等級を認定すること。
   

サブコンテンツ

このページの先頭へ