自賠責保険-耳の障害と障害等級-要領(7)聴力検査の方法

耳の障害と障害等級-要領については以下のとおり規定されています。

以下「  」が規定です。

*労基則・労災則等

「平均純音聴力レベルは、周波数が500ヘルツ、1000ヘルツ、2000ヘルツ及び4000ヘルツの音に対する聴力レベルを測定し、次式により求めること。

(A+2B+2C+D9)/6

注A:周波数500ヘルツの音に対する純音聴力レベル

B:周波数1000ヘルツの音に対する純音聴力レベル

・周波数2000ヘルツの音に対する純音聴力レベル

・周波数4000ヘルツの音に対する純音聴力レベル」

サブコンテンツ

このページの先頭へ