嗅覚障害-嗅覚脱失

交通事故により鼻に障害が生じ、嗅覚脱失状態(きゅうかくだっしつ)になることがあります。

本項では、この「嗅覚脱失状態(きゅうかくだっしつ)」について記載します。

嗅覚障害の、主な症状として「「嗅覚脱失状態(きゅかくだっしつ)」、「嗅覚過敏(きゅうかくかびん)」「異臭症(いしゅうしょう)」を列挙することができます。

「嗅覚過敏(きゅうかくかびん)」がにおいを異常に強く感じること。「異臭症(いしゅうしょう)」現実にないにおいを感じること。というような症状に対し、「「嗅覚脱失状態(きゅかくだっしつ)」は、『におい』そのものを感じとることができないという症状です。

この「嗅覚脱失状態(きゅうかくだっしつ)」は、交通事故のみならず他の要因等によっても発生します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ