自賠責保険-労働能力喪失率

労働能力喪失率とは、健常人の労働能力喪失率をゼロとして、交通事故によって後遺障害を負った程度に応じて、失った労働能力に置き換え総合的に勘案した数値のことです。

この労働能力喪失率は逸失利益を算定する際に使用される係数となります。

等級 労働能力喪失率
第1級 100/100 *要介護も同様
第2級 100/100 *要介護も同様
第3級 100/100
第4級 92/100
第5級 79/100
第6級 67/100
第7級 56/100
第8級 45/100
第9級 35/100
第10級 27/100
第11級 20/100
第12級 14/100
第13級 9/100
第14級 5/100

この表の見方は、例えば第4級は健常人と比較すると92%の労働力(働く力)が失われたということを意味しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ