交通事故の際の健康保険の適用(第3者の行為による傷病届)

健康保険は、本来健康保険の適用者が疾病やケガを負った場合に、健康回復するために本人が本人のために使用するものですが

交通事故に遭遇した場合で第三者(加害者)の行為によってケガをした場合でも、必要な手続きをとることによって、各種の健康保険で治療を受けることができます。

会社適用の健康保険は各企業の総務課等を窓口とし経由し、「第三者の行為による傷病届」「念書」等を提出します。

また、国民健康保険の場合は、区役所等の保険係へ連絡をし、「第三者の行為による傷病届」を等を提出します。

国民健康保険を使って受診したい旨を伝えてください。

届出には、交通事故証明書などの添付書類が必要になる場合があります。

医療費は加害者が負担することが原則

*交通事故などで第三者から傷害を受けた場合、被害者に過失のない限り、その医療費は加害者が全額負担するのが原則です。

また、被害者にも過失があった場合には、その過失割合によって医療費の負担金額が計算されます。

国民健康保険を使って治療を受けた場合、医療費の7割を国民健康保険が医療機関に支払いますが、その過失割合によって計算した金額を、被害者に代わって国民健康保険が加害者に請求することになります。

他の健康保険も、上記の原則が準用されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ