後遺障害の適正申請のために上腕神経叢を正しく理解!

本項では、上腕神経叢(じょうわんしんけいそう)について、分かりやすく解説します。

神経は末梢神経系(まっしょうしんけい)と中枢神経系(ちゅうすうしんけいけい)に2区分することができます。

末梢神経系は主に、身体の筋に指示命令を伝達する大切な役目を担っています。

この末梢神経の中の、脊髄とつながっているものを脊髄神経と言います。この、脊髄神経の頸神経(けいしんけい)等が束になっている部分が上腕神経叢(じょうわんしんけいそう)です。

この、上腕神経叢が交通事故の衝撃等によって、麻痺(まひ)した場合は本来神経が持っている役目(例えば指示命令伝達等)を果たすことができなくなります。

その1つが、上肢の機能障害です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ