有床義歯・架橋義歯・ポストインレー

有床義歯(ゆうしょうぎし)

一般的に有床義歯は「入れ歯」と呼ばれています。

有床義歯には局部床義歯(部分入れ歯)と総義歯(総入れ歯)があります。

局部床義歯は1歯欠損から1歯残存までの症例に使用される義歯の事を言い、全部床義歯は残存歯が全く無い症例に使用する義歯の事をいいます。

架橋義歯(かきょうぎし)とは、いわゆるブリッジのことです。

支台冠(しだいかん)とは、有効な支台を基礎にクラウンをかぶせます。

ポスト・インレーとは、ポストアンレーと言われる場合も多く、臼歯部の咬合面全体を被覆したり、詰め物を入れて歯の修復を行います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ