ジュネーブ宣言

交通事故で負った傷害を治癒させようと医師は懸命な努力を続けてくれます。

その医師たちが採用している社会的な規範の1つに「ジュネーブ宣言」があります。崇高な理念です。

ジュネーブ宣言(ジュネーブせんげん)は、1948年の第2回世界医師会総会で規定された医の倫理に関する規定であり、ヒポクラテスの誓いの倫理的精神を現代化・公式化したもので、数次の改定を経て現在に至っています。

1.自分の全生涯を人類に捧げます。

1.自分の恩師に深い尊敬と感謝の念を待ちます。

1.良心と尊厳をもって医業に従事し、患者さんの健康を第一に考慮します。

1.患者さんの信頼に応えて秘密を厳守します。

1.患者さんに差別、偏見を持ちません。

1.生命の始まりの瞬間から人命を最大限に尊重します。

1.人道の法則に反して医学的知識を用いるようなことはしません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ