歯科補てつを加えたもの    

交通事故によって発生する咀嚼障害には、歯や歯茎等を要因として起こるものがあります。

歯や歯茎等に強い衝撃を受けた場合には、当該部位が欠損したり、その機能を喪失したりすることがあります。

当事務所で扱ったケースでは、普段、歯のケアで通院している歯科で、通常のカルテ等と比較立証しました。

一般に「補綴(ほてつ)」とは、身体の欠損した部位の形態と機能を人工物で補うことを指す。とされています。

もちろん、外科領域とリンクして診断書の記載をすることも視野に入れるべきです。

歯科では、日々通常のカルテを保管してくれていますので、衝撃で受けた歯の欠損や、義歯、ブリッジ等、どのような補綴(ほてつ)が加えられたのかを検証することが重要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ