嚼(そしゃく)障害

交通事故によって負う障害に口部の咀嚼(そしゃく)障害があります。

咀嚼とは、食べ物を咬筋(こうきん)や下顎(動くのは下顎です。)、舌などが連動してして、さらに歯で噛み砕くことによって粉々になります。

この粉々になった食べ物が唾液と混ざり合って、ゴクンと飲み込みます。

この咀嚼は、咬筋や下顎の筋運動だけではなく、舌がこれにリンクし、さらに自分の舌を噛んだりしないように絶妙なタイミングで歯が連動します。

ただし、疲れていたり、何か考え事をしたりしている場合は自分の歯で口腔内を傷つけたりしてしまうことがあります。

このように咀嚼とは、1つの運動だけで完成されるものではなく、「歯」のように器官そのものからくる器質性のものと、「筋」のように運動性を伴ったものからくるものもあります。

これらが何らかの原因により阻害されると、食べ物をキチンと体内に取り入れることができない入口の障害である咀嚼障害が発生します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ