交通事故発生時は必ず医師の診察を受けましょう。画像撮影は多角的に行うことが必要です。

交通事故発生時は気持ちが動転していたり、ナーバスな気分になっていますが必ず医師の診察を受けましょう。

・交通事故に遭遇した時は、どうしても気持ちが動転していたり、ナーバスな気分になっていますが必ず医師の診察は受けましょう。

・交通事故発生時に痛くなかったり、目立った外傷がなくとも時間の経過とともに、疼痛や外傷が目立ってくることが多くあります。

交通事故の形態にもよりますが基本的な検査事項は受けておくことが重要です。

・骨折の傷害を受けた場合は、レントゲンの画像撮影は当然ですが、部位によってはCT画像の撮影を行っておくことも必要になります。

・なお頭部に大きな衝撃を受けた場合は、MRI画像の撮影も必要になってきます。

・レントゲン・CT・MRI画像の撮影の必要性の有無は医師が適正に判断しますが、疑問点があれば質問等を行い、多角的に画像の撮影を行ってもらいましょう。

・この受傷時の画像撮影は、受傷部位の症状固定時における画像と比較しますので、受傷時の画像がないと比較が困難になるので必ず、多角的な画像撮影を行う必要があります。

・受傷時の画像は受傷時だけのものです。この画像は症状固定時には撮影できませんので、必ず必要な画像を撮影しておいてください。

医師から診断を受けた内容は必ず自分でメモを残しておきましょう。

・受傷時に身体に感じた異常な点は、必ず医師に伝えた内容は自分のメモにも残しておいてください。

・受傷によって手が不自由になった場合は、スマートフォンの音声メモでも良いので、必ずメモを残しておいてください。

・また初期の主訴論点は、後日重要性を帯びてきますので、変化が生じた場合はその経緯や時点も明記しておくことが必要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ