交通事故証明書の内容を把握!(重要)

交通事故証明書は、交通事故の事実関係を証明する重要な書類です。

たかが、交通事故証明書と思っていませんか?

曽原進行政書士事務所では、事実確認の最初の一歩と考えています。

証明書に記載されている内容をきちんと理解し、把握しましょう。

交通事故証明書は、自動車安全運転センター(神奈川県の場合は横浜市・二俣川)で発行されます。

交通事故証明書には以下の項目が記載されています。

また、交通事故証明書は以下の項目が発生した「事実」のみを証明しているだけであって、交通事故の加害者・被害者を規定しているものではありません。

(1)この交通事故証明書の取得者

(2)交通事故の発生日時・場所

(3)甲氏の住所(当該欄に電話番号)・氏名・生年月日(年齢)・車種・車両番号・自賠責保険(付保会社)・証明書番号・事故時の状態(運転・同乗・歩行等)

(4)乙氏の住所(当該欄に電話番号)・氏名・生年月日(年齢)・車種・車両番号・自賠責保険(付保会社)・証明書番号・事故時の状態(運転・同乗・歩行等)

*事故の関係者が複数になる場合は、丙等も発生します。

(5)事故類型 人対車両・車両相互等

この事故証明書は、基本的な「事実」を記載している書類です。必ず目視して確認してください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ