交通事故と相続税

交通事故の加害者から遺族が損害賠償金を受けたときの相続税の取扱いは以下のとおり規定されています。

被害者が死亡したことに対して支払われる損害賠償金は相続税の対象とはなりません。

この損害賠償金は遺族の所得になりますが、所得税法上非課税規定がありますので、原則として税金はかかりません。

なお、被相続人が損害賠償金を受け取ることに生存中決まっていたが、受け取らないうちに死亡してしまった場合には、その損害賠償金を受け取る権利すなわち債権が相続財産となり、相続税の対象となります。

(相法2、所法9、所令30)

本項では簡易な事項のみ記載しています。
詳細については、国税庁のサイトを閲覧してください。

*具体的な事項については、税理士の業務となります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ