神奈川県内の交通事故-後遺障害14級(頸椎捻挫等)のクライアント様-1(認定事例)

「交通事故で心身が苦しい時に曽原先生と話をして気が楽になったのを良く覚えています。

今までの保険会社による一方的な話や、リハビリで症状が改善されない事に憤りを感じていたので、曽原先生のカウンセリングマインドな会話、相談でホッとできました損害賠償受領額は、ほぼ倍増しました。

その後先生におまかせし、後遺障害も14等級がとれその他の保障もとれたので感謝感謝です。

一番良いのは交通事故の無い社会ですが、事故が起きてしまったら心から自分が信頼できる専門家に依頼する事ですね。

示談が終わりましても他のことで時々相談にのって下さい。

親しみとやさしさ、そして情熱的な曽原先生です。

これから仕事だけに励めます!!ありがとうございました。」

クライアント様からいただいたe-メールを、許可を得て原文のまま掲載しています。

☆当事務所コメント 14等級の交通事故の後遺障害等級認定前に当事務所を訪問してくださいました。

当事務所から発信した後遺障害等級認定で、14等級認定後は、逸失利益・慰謝料算定基準の細部に、正確性を希求しました

特に特殊性が存在した休業損害、逸失利益は丁寧に見直しを行い適正な保険料の算出を行いました。

これにより被害者T様から、ご丁寧なるメールを頂戴いたしました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ