横浜市内でバイクに乗車中の交通事故-後遺障害6級(大腿骨骨折等併合)のクライアント様-1(認定事例)

バイクに乗車中、側方から衝突され救急車で病院に搬送されました。リハビリも含め長い期間治療を続けました。

この先どうしたら良いのか困っていました。

電話で、お話した時に、この事務所に任せようと思いました。

長い期間にわたり、サポート頂きありがとうございました。

一時期は、本当にどうなってしまうのか毎日が不安でした。

おかげさまで、納得のいく結果を迎えることができました。

今後、後遺障害とは、一生涯向き合っていくことになりますが頑張っていきます。

曽原先生のサポートがあったからこそ、ここまでこれたと思っております。

長きにわたりご支援頂きありがとうございました。

☆当事務所のコメント

長期間のサポートとなりました。

意思の疎通が途切れないように、丁寧なコミュニケーションの方法を種々考えました。

これを踏まえて、ご丁寧なるメールを頂戴いたしました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ